印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


LIGHT&PLACEは商業写真&湿板写真を承っています。

backb.jpgc.jpg

湿板でポートレートを撮影します。「2万円から」

test6.jpg

湿板写真とは博物館などで幕末の武士、坂本竜馬などのガラスに写っている
写真を見たことがあるひとも多いと思います。 

20160505_1635869.jpg3.jpg
これらは湿板写真といい
1851年にイギリスで発明され日本には江戸時代[安政]に渡来され
幕末から明治維新と皆さんが歴史で見てきた写真は多数この技法で作られています。
市販フイルムが出来て消えてしまった文化の一つです。

撮影前に1枚1枚ガラスに溶液を塗ります。これがフイルムになり
その溶液が乾く前に撮影から現像まで処理しなければならず
なお感度も今と比べるととても低く
首押さえという器具で頭を後ろから見えないように押さえて
何秒間かじっと動かないでいなければなりません。
坂本竜馬の撮影は20秒と言われています。

家のスタジオではライトを研究して多少時間の短縮に成功しました。
昔の雰囲気を味わっていただきたく
6秒前後止まっていただきます。

湿板には大きく分けて2種類あり、鶏卵紙というものに密着して
何枚もプリントが作れるものと、アンブロタイプやティンタイプといい
ガラスやアルミ板そのものが商品で複製ができない。世界で1枚だけのものです。
うちで扱っているのはアンブロタイプと言うガラス板のもので
黒い背景で画像が浮かび上がるものです。
引き伸ばしも焼き増しも出来ません。たった1枚だけの写真です
4枚欲しい場合は4回撮影しなければなりません。
画像などのムラも出ます。しかし、手作り独特の味わいがあります。

日本に1軒くらい合っても良いのではと思い
スローな時間の流れる東京谷中でこの技法を復活させました。
昔の写真が好きな人、古いものが好きな人お待ちしています。
明治の写真師の撮った物が色あせずにまだ残っています。
私のも120年ぐらい残ればよいなあと思ってがんばっています。
ニスも当時と同じサンダラックという樹液を使ってます。
ゆっくりと長い時間が経つと少しずつ茶色くなり
また古さを感じるようになります。。



写真館を営業するにあたって田村写真様、猪俣良文様にアドバイスご指導いただきました。
ありがとうございます。

_03J5375.jpg

カメラはこんな感じです。

メインの長岡製アンソニー他数台あります
大昔写真がとても貴重な事を想定して
1~2枚しか撮りません.
レンズはエミールブッシュエルマジーなど
古いものは120年前新しい物でも80年前と明治から
昭和初期までの古いレンズにこだわっています。

DSC_3013.jpg
DSC_3010.JPG

椅子に座っていただき首を軽く器具で押さえます。

昔は20秒から多いものは30秒以上もかかったそうです。
うちではライトを研究して時間を短縮することが出来ました。
少しだけ昔の気分を味わってもらいたいので
撮影時間6秒前後止まっていただきます。
瞬きはOKです。

hanihp.jpg

撮影後 水槽内で画像が浮かび上がってきます。表情などご確認いただけます。

hp88.jpg

DSCF8145.jpg

白い壁にかざすとネガ、黒い壁だとポジ(普通に見えます。)
後日こんな形で納品します。
ガラスにつき郵送が出来ないので
お手数ですがこちらまで再度お越しください。

hp6.jpg

八つ切りは現在桐の箱をプレゼント中です。
木製マットは地元の職人さんが
丁寧に手作りしています。
 

LIGHT&PLACEではアメリカのサイズではなくキャビネ、八つ切り、四つ切と
昔から日本で多かったサイズにこだわります。

キャビネは紙箱、八切りは桐箱です。キャビネも別途で桐箱も用意しています。

_MG_9411b.jpg
料金は¥20.000から

撮影料金




キャビネサイズ
D121mm×W165mm

¥ 20.000+消費税    ¥21.600
八切り D165mm×W215mm

¥ 32.500+消費税    ¥35.100
四つ切 254x305mm

¥70.000   10月に開始予定です。











小さな町の写真館なので取り扱いは元金のみです。


電話 & FAX : 03-5814-8914   move090-8102-1585 
留守がちなのでなるべくメールでお願いします。

最近メールが届いてない、という方がいました。今調査中です。
3日以内に返信がない場合はお手数ですがお電話ください。
shippan@lightandplace.com



湿板写真館 土日・祝日 :10:00〜20:00

平日は不定期、土日以外も問い合わせください。
営業日 画像をクリックしてください。

2018.2.jpg月3.jpg

きれいに撮られるコツ



顔が浅黒く写るので女性は顔をいつもより明るめに。

男女カップルの場合はほどほどに、、




お顔を明るくするために服装が実際よりも明るくなってしまいます。

なので暗めの服装のほうがくっきりと写ります。

「ベルベットのような真黒もだめです。ほどほどで」




薄いエメラルドグリーンや青は白くなってしまうようです。

逆に赤色は黒として認識するようです。

黒に赤のドット柄は黒一色になります。




UVカットの入ってる眼鏡はサングラスのように黒くなります。

お気をつけください。今ならないように研究中です。

「新しいライト開発につき眼鏡が黒くならなくなりました。」




デジタルで写真をモノクロに変換した時とは違う雰囲気になります。

あいまいな昔の写真を味わってください。